Webサービスやアプリを開発して運営するのが趣味です。



YAPC::Asia 2015 Hackathon での進捗

2015年08月23日 21:49

YAPC::Asia 2015 Hackathon に参加した。マイクロソフトのセミナールームをお借りし、Ben Ogle 氏と mizchi 氏による Electron のトークと、Visual Studio Codeのアレコレを聞くとった内容があり、ちょうど Electron にハマりそうになっているところなので最高な感じだった。

GitHub で Atom を担当している Ben Ogle 氏の話によれば、Electron の開発者を増やしてさらに進めていくらしく、将来性に期待できて良さそうだった。個人的に触った感触では Electron は非常に生産性が高いと思っていて、今後もやっていこうという気持ちがあるので嬉しい。いずれ Mac App Store でも配布できるようになるらしい。

mizchi 氏の発表は Real World Electron Development - Qiita にあるとおりで、リアルな Electron の感触を一通りつかめるようになっていてとてもありがたかった。一昨日急に決まってこの質の発表できるの本当にすごい。

成果物

スクリーンショット 2015-08-23 21.45.12

最強のTwitterクライアント作り始めた - 9mのブログ

一昨日から作り始めた最強のTwitterクライアントをとりあえず全部捨てて1から作りなおしてみた。というのも一昨日から触ったやつは試行錯誤しまくった結果ところどころ目も当てれない状態となっていて、どちらにしろ感触掴めたらもう一度作りなおすつもりではあったし、成果物はコード公開したい。

Github - kkosuge/slack-like-twitter-client

上記のGithub レポジトリにコードがあります。Slackっぽい見た目で、Twitter認証して戻ってきてユーザーのアイコン表示してUserStreams流しつつTweetするといった事が一通りとりあえず出来るようになっている。Twitter認証から戻る所がちょっと怪しけど、なんとかハッカソンの時間内にできてよかった……。おおまかに使ってるライブラリは Electron, React, CoffeeScript, Less, Slim となっている。
せっかく作ったので、Mac アプリ用にビルドしたものも Github にアップしてみてます。

https://github.com/kkosuge/slack-like-twitter-client/releases

ダウンロードして動く、すごい(Macのみ)

最強Twitterクライアントの今後について

けっこう本腰入れて開発続けるつもりがあります。まじめにメインで使えるクライアントにしようと思っているので、少々時間はかかるだろうけどちゃんとやっていきたい。前のエントリでは書きわすれてたけど、Mac と Windows と Linux 全てに対応するつもりです。